家族がまるごと幸せに

ゆるキッチン!

切って、重ねて、煮るだけ!!

お料理が苦手なママの救世主
陰陽調和重ね煮アカデミー®️認定講師

豊島教室

伊佐治 依子です。

 

子育ても楽しみ
料理も楽しむことを
情報発信しています(^_^)

 

【家族がまるっと幸せに!旬の食卓を楽しむ】

重ね煮ワークショップ@武蔵小杉
開催しました。

 

私が、この重ね煮に出会ったのは3年前

 

もともと食べることは大好きだけれど
お料理は、苦手。

 

食べたもので人間のカラダは
作られているというのは重々
わかってはいるけれども

 

どんなものがカラダに良くて
どんなものが悪いのか
調べれば調べるほど

 

わからなくなり
料理教室に通いつめたり
あらゆる料理テレビ番組
を録画しまくったり
(結局観ずに削除)

 

料理本を買い込んだりして
いました。

 

そんな時に
出会ったのがこの
「重ね煮」

 

「台所は家庭の薬箱」
というキャッチフレーズに惹かれ
それも、切って、重ねて、火にかけるだけ
お野菜の皮を剥かない

 

これだったら、
料理が苦手な私にもできる
ところから始めた「重ね煮」

 

それから重ね煮の魅力にとりつかれ
先生に習うだけでなく
こんな素晴らしいものを
伝えたいという想いに変わって
いまにいたっています。

 

台所から家族の健康が守れる
それは全く難しいことではなく
日々のごはんでできること。

 

そして
食事を通して
お母さんから子どもへと
伝えられるでもあります。

 

 

 

もともと食べることは大好きなので
料理は苦手で嫌々ながら作っていた食事

 

嫌々ながら作っているから
気持ちが伝わってしまうのか
作ったものは残ってしまう。

 

お料理って食べている人の
「美味しいって」笑顔を
想像しながら作らなければ
絶対美味しくなるし
お母さんも家族も笑顔になれる!!

 

ずっと料理本や
料理番組に頼っていた私が
簡単さと美味しさにハマり

 

重ね煮を続けると

 

毎年季節の変わり目になると
風邪をひいていた家族も
ひかなくなり
病院に行くこともなりました。

 

重ね煮は胃腸を丈夫にしてくれる
養生ごはん

 

添加物を排除すれば健康
ではなく
大切なのは

 

「食べるもの」でなく「食べ方」
身体に「良いもの」でなく「馴染むもの」

 

そして

 

心身を整える方法は
実はとても身近なところにあり、

 

お金をかけずとも
気構えずともお家でできること。

 

毎日食事づくりをするお母さんには
肩の力を抜いて
気楽に作ってもらいたい。

 

それが叶うのが重ね煮です。

 

ご参加くださった皆さまから
嬉しい声をいただきました。

 

◯ネギの根っこや玉ねぎの根っこも
使うことに驚きました。やってみます。

 

◯皮を剥かないのおどろき
だけど、味はまろやかになるのは感動

 

◯味噌汁に出汁をいれなくても
こんなに美味しくできるなんて
ぜひやってみます!

 

◯時短でおいしい料理が沢山ある中で
身体が元気になるごはん。

 

とても嬉しいお声をありがとうございます。

 

私は「重ね煮」の調理法だけでなく

 

重ね煮の考え方、食べ方を通して

 

私が惹かれたキャッチフレーズ
「台所は家庭の薬箱」を
重ね煮をお伝えする講師として

 

食事作りに悩んでいるお母さん
家族の健康を守りたいお母さん
全ての方に
お伝えしたいと本気で思っています。

 

ご参加くださったみなさん
お家に帰られてから
ご家庭で、または大切な方に伝えていただき

 

お母さんから
重ね煮の輪を広げていただければ嬉しいです。