こんなお悩みかかえていませんか?

お子さんの問題として

花粉症がある
喘息がある
中耳炎になりやすい

落ち着きがない
すぐ怒る

ケガが治りにくい
骨折をしやすい

ご自身の問題として

花粉症がある
肩こりがひどい
なんとなくダルい

肌荒れがある
生理不順
生理痛がひどい
便秘気味・ダイエットの必要がある

など。

今現在抱えている不調の根底には、
あるモノの摂り過ぎが絡んでいること
が非常に多いです。

 

何を食べ過ぎているのか?
育った土地、環境によってもよって異なり
人それぞれ。

 

親、またその親と3代前までさかのぼって
共通している場合もあります。
これからお伝えする

 

「摂り過ぎに気をつけたい8つの食品」
を読んでいただき
減らすべきものが見えてくると思います。

「摂り過ぎに気をつけたい8つの食品」は

以前にもお伝えした《4つの指針》
1.食性
2.一物全体食(いちぶつぜんたいしょく)
3.身土不二(しんどふじ)
4.穀菜魚食(こくさいぎょしょく)

に照らし合わせると納得のモノなのです。

では

摂り過ぎに気をつけたい8つの食品

1.砂糖

2.果物

3.コーヒーなど外国の飲み物

4.牛乳をはじめとする乳製品

5.生野菜サラダ

6.肉、卵類

7.油

8.アルコール

以上です。

思い当たるモノはありましたか?

なぜ摂り過ぎない方がいいのか?

 

繊細な身体のリズムを持っている女性、
生まれて間もない子供に
「摂り過ぎに気をつけたい8つの食品」は、
陰陽の観点から見ると、極陰極陽のもの。

 

1.砂糖今日はココ
2.果物
3.コーヒーなど外国の飲み物
4.牛乳をはじめとする乳製品
5.生野菜サラダ
6.肉、卵類
7.油
8.アルコール

 

今日は砂糖について。

砂糖の中でも特に白砂糖は
精白された薬ともいえるもの。

 

陰陽の観点からみると「極陰」
つまり最も身体を冷やす食べ物です。

 

生理痛のひどい女性が増えています。
身体が冷えていると生理痛はひどくなります。
ここから砂糖の摂りかたと女性の身体の関係
がみえてきますね。

 

砂糖には「シュガーブルース」と言われるように
甘いものを食べないとイライラする

食べるとスッキリ満足

また足りなくなりイライラする

食べたい欲求が止まらない

というように血糖値の急上昇と急下降の
悪い循環を繰り返す常習性もあります。

 

砂糖が足りていない状態は低血糖にあり
イライラする
切れやすい
集中できない

という症状が現れることがわかってきています。

 

 

砂糖の別名は「カルシウムどろぼう」。
砂糖を摂ると血液が酸性になり、
中和させるために体内のカルシウムを使います。
そうなると、体内のカルシウムが足りなくなってしまい
骨や歯がスカスカ、ということになります。

 

今の子供たちは肉、魚、卵のたんぱく質を
しっかり摂っているため、
昔に比べて格段と体格が良くなっています。

 

その反面
ケガをしやすい、骨折が多いです。

 

よく骨折やケガをするお子さんは
繰り返しますよね?

 

これ!
砂糖の摂り方とつながっています。

 

市販のお菓子類には必ず白砂糖が使われています。
おやつをしっかり食べて、
3
度の食事にも砂糖を使うと
完全に摂り過ぎ!

 

声を大にして言いますが
お子さんのことを大切に思うなら
砂糖を減らしましょう!

 

「そんなに摂っていないけど」
と思うママもいると思います。

 

いえいえ、意外に摂っているのです。
ジュースやパン、果物
にも十分糖分が含まれているのです。

骨折しやすい

落ち着きがない

イライラしている

攻撃的

集中できない

傷がなかなか治らない

など思い当たる場合は
すでに摂り過ぎています。

砂糖を摂りすぎているかなと
思い当たるママは

3
日間でいいので、
砂糖断ちしてみてください。

 

驚くほど頭も身体もスッキリする
ことが感じられると思います。

 

小5の息子と小1の娘が
先日給食に出た
揚げパンが甘すぎて食べられなかった
と兄と妹で意見が一致したのは
驚きで、

 

重ね煮に出会ってから
子供達にも味覚の変化が
現れたのはとっても嬉しく

 

甘いものも本人たちから
欲しがることもなくなりました。

 

こんな家族の変化を楽しんで
みませんか?

1Day体験クラス開催

1月17日(金)
1月21日(火)
1月24日(金)
1月28日(火)
1月31日(金)

2月  4日(火)
2月  7日(金)
2月11日(火)
2月14日(金)
2月18日(火)

時間:10時30分〜13時30分
場所:西武池袋線 東長崎駅 徒歩4分 お申込み後に詳細をご連絡さしあげます。

  • 体験クラスは 「重ね煮アカデミー養生科」の受講をご検討の方、関心がある方のための講座です。
  • 赤ちゃん・お子さんとご一緒に 参加できます。(事前にご連絡ください)

募集は12月5日(木)に開始です。
https://yuru-kasaneni.com/first/