「摂り過ぎに気をつけたい8つの食品」Part4

繊細な身体のリズムを持っている女性、
生まれて間もない子供に
特に知っていただきたい
「摂り過ぎに気をつけたい8つの食品」は、
陰陽の観点から見ると、極陰極陽のもの。

1. 砂糖
2. 果物
3.コーヒーなど外国の飲み物
4.牛乳をはじめとする乳製品今日はココ
5.生野菜サラダ
6.肉、卵類
7.油
8.アルコール

今日は牛乳をはじめとする
乳製品について。

戦後の給食に脱脂粉乳が導入され、
牛乳に代わり現在に至ります。

牛乳を飲むと大きくなる。
骨が丈夫になる。
↑これ私の祖母や両親に
よく言われていました^^;

 

と水代わりに牛乳を飲む人もいますね。

「カルシウムは牛乳からしか
吸収できない」

という考えもあるようですが、

これだけ給食に牛乳が導入されながら
骨折する子供が多く、

 

骨粗鬆症の患者も減っていない
という現状には疑問が出ますね。

 

そもそも牛乳は子牛を大きく
成長させるためのもの。

栄養のバランスがしっかり
とれていることは

分かっているのです。

注目すべきは
牛乳の栄養素うんぬんではないのです。

「私たち日本人の身体に合うものか、
馴染むものか」
ということ。

そう!前回もでましたが!!
「身土不二」。
照らし合わせて考えましょう。

乳製品を食生活の中心としている
国の代表格は
モンゴル。

山脈と砂漠が大半を占め、
国土の1%にも満たない農地で
小麦とじゃがいもを生産し、

その自給率は100%。

国民の10倍もいるといわれる家畜の産物
を主食としています。

けれども、
モンゴルの遊牧民でさえも
家畜の乳をそのまま飲むことはしないのです。

お茶に入れたり、
発酵させてチーズやヨーグルトにと
消化しやすいよう工夫して調理して
食べています。

厳しい自然環境のモンゴルは
夏は「白い食べ物」と言われる乳製品
冬は「赤い食べ物」と言われる家畜の肉
を食べる食生活。

栄養学的には必要といわれる
野菜、果物をほとんど食べずに
乳製品と肉、少しの穀物で
生命をつなぎ自然環境に寄り添い生活しているのです。

長い年月をかけて、
モンゴルに住む人々が身体の中に作り上げてきた
内臓器官と消化酵素は
乾燥地帯に住む民族ならではのもの。

栄養学よりもいかに食の歴史が重要
が分かりますよね?! 

では話を戻します。

日本人はなぜ牛乳を飲むの?

完全栄養食だから?
ならば玄米を100回噛んで食べましょう。

カルシウムが摂取できるから?
ならば甘いものを減らして、
島国「日本」ならではの
海の幸を食べましょう。

乳は乾燥地帯に暮らす人々の
身体と喉を潤すもの。

湿潤地帯の日本に暮らす
私たちが摂りすぎると

身体の中に湿が滞りやすくなります。

喘息やアトピー性皮膚炎のある方は
牛乳を減らすと症状が
軽くなる事が多いです。

日本人の体質に合わないということは
牛乳アレルギーの人が多いということからも
立証済みだと思いますが、
アレルギーでない人にとっても飲み過ぎは禁物。

やはり嗜好品として
楽しむのがいいように
思います。

 

1Day体験クラス開催

こんなお悩みありませんか?

✅仕事や家事、子育てに忙しく、
イライラしてつい甘いモノを口にしてしまっている。

✅成長期の子どもたちに野菜をおいしく食べてもらいたい。

✅花粉症や中耳炎で耳鼻科通いが続く子供。
このままでいいのか不安…

✅子どもや夫、家族の野菜嫌いをそのままにしてしまっている。

✅よく風邪をひく子供や自分の体調を日々の食事で整えたい。

✅カラダとココロの健康は、
すべて「食」が基本となってはじまります。

✅当たり前と想っていた(諦めていた)

自分や家族の悩みをなくす手がかりとなるのが、
《重ね煮1Day体験クラス》です。

時間:10時30分〜13時30分
場所:西武池袋線 東長崎駅 徒歩4分 お申込み後に詳細をご連絡さしあげます。

  • 体験クラスは 「重ね煮アカデミー養生科」の受講をご検討の方、関心がある方のための講座です。
  • 赤ちゃん・お子さんとご一緒に 参加できます。(事前にご連絡ください)

https://yuru-kasaneni.com/first/

1月17日(金)
1月21日(火)
1月24日(金)
1月28日(火)
1月31日(金)

2月  4日(火)
2月  7日(金)
2月11日(火)
2月14日(金)
2月18日(火)