「摂り過ぎに気をつけたい8つの食べ物」Part5

繊細な身体のリズムを持っている女性
生まれて間もない子供に
特に知っていただきたい
「摂り過ぎに気をつけたい8つの食べ物」は、
陰陽の観点から見ると、極陰極陽のもの。

 

1. 砂糖
2. 果物
3.コーヒーなど外国の飲み物
4.牛乳をはじめとする乳製品
5.生野菜サラダ←今日はここ
6.肉、卵類
7.油
8.アルコール

今日は生野菜サラダについて。

生野菜サラダ
私の実家では、
よく出されるメニューです^^;

砂糖の摂り過ぎ
油の摂り過ぎ
がよくないと思っている人は
増えていますが、

 

生野菜と果物は必須
と意識して取り入れている方は
とても多いと感じます。

「生野菜が先」と食べ方の順番を
意識している方も多いようですね。

その考えの根底には
・ビタミンCが必要
・酵素を補う
・アンチエイジング
・ダイエット
があるようです。

ずっとお読み下さっている方には
お察していただけると思いますが、
ここでも共通するのはやはり、、、

はい!またでました!!
「身土不二」。

日本人がどういう形で生野菜を
摂ってきたのか考えてみましょう。

洗ってちぎって、
油と酢を使ったドレッシングをかけて
食べてきましたか?

潰してジュースにしたり
スムージーにして飲んできましたか?
違いますね。

さっとゆでてお浸し
塩で漬物
糠漬け
という形で食べてきましたよね。

「陰性の野菜」をそのまま生で食べる
ことは少なく

火にかけたり、
塩に漬けたりして

「陽性に調和」させて
身体へ取り入れてきました。

これは日本人が長年にわたる
生活の中で獲得してきた

身体を冷やさず、
身体に負担をかけない食べ方なのです。

栄養学的に考えても
ビタミンCのみに注目することに
不思議を覚えますが、
経済的影響が大きいのかと思っております。

ビタミンCのみを沢山摂取すればよい
というものではありません。
何事もバランスが大切。

「生野菜に火を入れるとビタミンCが破壊される」
という考え方があるようですが、

 

火を入れることでビタミンC
ゼロになるわけではなく、

生野菜よりもかえって吸収が良くなる
という利点もあるのです。

若い女性や子供に果物アレルギーが
増えていますね。
生野菜の摂り方と大いに関係があるのです。

離乳食が始まったばかり赤ちゃんには
スムージーやジュースを与えません。
果物のジュースを早くに与えた赤ちゃんは
アレルギーになりやすいという報告もあります。

初めての野菜はやわらかく火を通したものを
つぶして食べさせることからも
日本人の場合は身体への負担が大きいことが
体験的にも分かっているはずです。

そしてもう一つ。

生野菜に油を使用した
ドレッシングをかける食べ方

については
陰陽の観点からみても
身体に多大な負担をかけているのです。

それについては次回に続きます

1Day体験クラス開催

こんなお悩みありませんか?

✅仕事や家事、子育てに忙しく、
イライラしてつい甘いモノを口にしてしまっている。

✅成長期の子どもたちに野菜をおいしく食べてもらいたい。

✅花粉症や中耳炎で耳鼻科通いが続く子供。
このままでいいのか不安…

✅子どもや夫、家族の野菜嫌いをそのままにしてしまっている。

✅よく風邪をひく子供や自分の体調を日々の食事で整えたい。

✅カラダとココロの健康は、
すべて「食」が基本となってはじまります。

✅当たり前と想っていた(諦めていた)

自分や家族の悩みをなくす手がかりとなるのが、
《重ね煮1Day体験クラス》です。

時間:10時30分〜13時30分
場所:西武池袋線 東長崎駅 徒歩4分 お申込み後に詳細をご連絡さしあげます。

  • 体験クラスは 「重ね煮アカデミー養生科」の受講をご検討の方、関心がある方のための講座です。
  • 赤ちゃん・お子さんとご一緒に 参加できます。(事前にご連絡ください)

https://yuru-kasaneni.com/first/

1月17日(金)
1月21日(火)
1月24日(金)
1月28日(火)
1月31日(金)

2月  4日(火)
2月  7日(金)
2月11日(火)
2月14日(金)
2月18日(火)