「摂り過ぎに気をつけたい8つの食べ物」Part6

繊細な身体のリズムを持っている女性
生まれて間もない子供に
特に知っていただきたい
「摂り過ぎに気をつけたい8つの食べ物」は、
陰陽の観点から見ると、極陰極陽のもの。

 

1. 砂糖
2. 果物
3.コーヒーなど外国の飲み物
4.牛乳をはじめとする乳製品
5.生野菜サラダ
6.肉、卵類←今日はここ
7.油
8.アルコール

今日は肉、卵類について。

 

 

 

 

 

肉について考えてみます。

かつての日本において肉は貴重品。
戦国時代、江戸時代は、
階級の高い武士のみが
薬用として食べていました。

 

その肉も牛、豚ではなく
狩猟によって獲得したもので

 

鶏、兎、猪など。
今でいうジビエですね。

 


家畜を食べるのは
タブーだったようです。

 

肉の消費量が急激に
増え始めたのは戦後。

今では、
「毎日肉を食べている」

「肉は欠かせない」
という声もよく聞こえます。

ここで思い出していただきたいのは
次の2つ。

<食性>
穀物:野菜、海藻類:肉、魚を
5:2:1の割合で食べること。


<穀菜魚食>
日本人が昔から食べてきたもの、
つまり、
穀物、野菜、魚、海藻類を食べること。

 

それが私たち日本人に備わっている
自然治癒力、免疫力を
最大限に発揮できる食べ方です。

 

肉、卵のタンパク質を沢山摂るようになり、
私たちの体格は以前よりずっと立派になり、
欧米人に劣らなくなりました。

 

けれども、
女性においては初潮年齢が早まり、
更年期も早まっています。

 

つまり
身体面では老化が
早まっているということ。

 

成長曲線の山が
手前にズレたに過ぎないのです。
つまり健康寿命は縮んでいる!?

 

その老化に抗うべく
アンチエイジングによいと言われる食材を
積極的に摂ろうとする今の食事情。
負のスパイラルのように感じます。

 

そもそも日本人は欧米人より腸が長く、
内臓器官としては肉食向きではない。

 

肉、卵のたんぱく質の過剰摂取は
それらが腸内に長くとどまる間に、
有毒ガス、有毒細菌を
増殖させてしまいます。

 

「おならが臭い」
「わたしのおならが人より臭いかも!」
そう感じたら要注意です。

 

結果
腸内細菌のバランスが崩れ

アトピー、喘息、花粉症などのアレルギー
難病とよばれる免疫疾患

悪性腫瘍
につながっているのです。

戦後から70年間
日本人が欧米の食文化を

 

積極的に取り入れてきた結果が
現在の多種多様の疾病として
表れてきています。

 

食物の栄養素のみに
スポットを当てる考えでなく
自然界全体を見る考えに
切り替える時が来ているのだ
と思います。