「摂り過ぎに気をつけたい8つの食べ物」Part7

繊細な身体のリズムを持っている女性
生まれて間もない子供に
特に知っていただきたい
「摂り過ぎに気をつけたい8つの食べ物」は、
陰陽の観点から見ると、極陰極陽のもの。

 

1. 砂糖
2. 果物
3.コーヒーなど外国の飲み物
4.牛乳をはじめとする乳製品
5.生野菜サラダ
6.肉、卵類
7.油←今日はここ
8.アルコール

今日は油について。

健康のため、美肌のため
老化防止のため、便秘予防のため 
良質の油を摂りましょう。

という話はよく聞きますね。

でも、気づかないだけで
油への認識は少しずつ
変わってきています。

 

言い換えれば「定まっていない」
ということです。

一昔前は、
動物性の油のラードやバターよりも
植物性のマーガリンやリノール酸の多い
ベニバナ油を摂りましょう。 
だったのです。

 

たしかに、私の実家では、
お歳暮やお中元によく
ベニバナ油届いていました。


今では
トランス脂肪酸は危険!
トランス脂肪酸は腸に入ってくると
消化ができずダメージが蓄積され
そうすると腸粘膜に細かな穴があく
「リーキーガット症候群を起こします。

 

リノール酸の摂り過ぎは危険!
リノール酸は必須脂肪酸だが
「取りすぎると免疫細胞が
働きにくくなる。

 

その結果、アトピー性皮膚炎や
花粉症などのアレルギー性炎症疾患
を引き起こす」。
動脈硬化や心臓の病気などを
誘発する可能性もある


と言われていますね。

今の注目は
ω
6とω9のバランス比率についての
論争という感じでしょうか?

バランスが決まったところで
一般人の私たちがその通りに
食べられるワケがありませんよね?!

数年間でこれだけ情報が
変化しています。


結局のところ、
人の身体に影響が出ないと分からない
ということです。

言い方は悪いですが、
私たちは人体実験をされているようにさえ
感じます。

なので、
私は食に関しては
歴史と根拠を大切にします

身土不二’(しんどふじ)に
照らし合わせると、
そもそも日本人の身体に
油は馴染むのでしょうか?

島国で水に恵まれている日本は米どころ。
水を使って米を炊き、
水を使って野菜や海草を
調理してきました。

中国やイタリアの油文化とは違い、
日本では水を使った料理法
「水文化」が確立され、

私たちの身体にも
その食生活に応じた
内臓器官と消化酵素が備わっています。

油が便秘によいといわれるのは、
昔はひまし油が下剤として
使われていたことから
来たものでしょうか。

 

現在は腸への刺激が強いということで
使われていません。

油はお料理のコクを増します。
香りをつけてくれます。

カリッとした揚げ物は美味しい。
胡麻油の香りのお料理は美味しい。
楽しんで時々いただく、
それで十分だと思います。

私は食物に「美味しい」以外の
何らかの目的、用途を期待して食べることは
結局は摂り過ぎにつながり、
危険だと考えています。

揚げ物、肉、魚、ナッツ類、パンやお菓子
を好んで食べる人ならば、
抽出した油をわざわざ意識して摂るのは
摂取過剰です。

油の摂り過ぎは免疫機能を狂わせます。


アトピーでかゆみがある場合は油をやめると
軽減します。

使用するならば、楽しみ程度に。
それも私たちの身体に馴染む
国産原料のなたね油や胡麻油を
使いたいと思います。