ゆるキッチン!
切って、重ねて、煮るだけ
お料理が苦手な働くママの救世主
重ね煮アカデミー®豊島教室
伊佐治 依子です。

 

 

「重ね煮を学んだら
食生活をがらりと変えなえければいけないの?
どう取り入れていけばいいですか?」

重ね煮を学んでみると、
目からウロコの連続。
身体にいいという理論も納得。
しかも時短!

野菜が沢山食べられる、
野菜料理のレパートリーが増えるのは
嬉しい♡

だけれど

 

そんなにたくさんの
種類の野菜を揃えるのが

そもそも大変。
切るのも大変なんだよなぁ。

「どのように取り入れて
いったらいいのか
加減が分からない。」


「揚げ物はだめなの?」

まずは、
やってみようと思ったことから
始めてください。

一生続く「食べること」。
無理をしてもおそらく続かない。

とにかく続けていただきたいです!
続けることで、変化を実感できるのですから。

「これやってみよう」


「すごーい!」


と感動したことの中から
できそうなことをやってみる。

例えば、、、

〇これまで粉末だしで作っていた
お味噌汁を
重ね煮のだし要らずの具だくさんお味噌汁に
してみる。

clJr0mGDSYiuRtF3z4gZDw.jpg

〇副菜といえばサラダ、お浸しだった
けれども蒸し煮で和え物を作ってみる。

IMG_8208.JPG

〇今までハンバーグ、グラタン、パスタなどの
カタカナ食が多かったという方も。
食生活をいきなり変えようと意気込まずに
付け合わせをサラダとドレッシングやフライドポテト
でなく和え物にしてみる。

fullsizeoutput_437f.jpeg

あるいは
料理でなくともいいのです。

〇玉ねぎのしっぽは包丁でスパンと落としていたけれども、
丸ごと全部使おう。

〇皮をむくのが当たり前だと思っていたけれども、
安心な野菜を手に入れて丸ごと使ってみよう。

 

などなど。

やってみよう!できそう!

と思ったことの中から一つでいいので、

取り入れていただきたいと思います。

今までの当たり前が変化していきますよ。

では、
%LAST_NAME%さんにとって
素敵な1日でありますように。

 

プレーンテキスト用本文