ゆるキッチン! お料理が苦手なママの救世主 【重ね煮アカデミー®️豊島教室】

4つの指針 ①「食性(しょくせい)」

  • HOME »
  • 4つの指針 ①「食性(しょくせい)」

私たち日本人が健康を保つためには、

陰陽調和のとれた「中庸」のものを

食べることが大切です。

 

 

「重ね煮健康料理」では、

4つの指針を大切にしています。

 

1.食性(しょくせい)

2.一物全体食(いちぶつぜんたいしょく)

3.身土不二(しんどふじ)

4.穀菜魚食(こくさいぎょしょく)

 

一つめの「食性」について。

 

 

「食性」とは、本来ヒトとして

食べるべき物を最適なバランスで

いただくこと。

 

 

私たち生き物の歯には、

長年にわたる食の歴史

刻まれています。

 

 

 

歯の構造を見ると

「何を食べるべきなのか」そして

「何を食べてきたのか」が分かります。

 

例えば

 

肉食動物のライオンやチーターは

獲物の固い骨を砕き、肉をかみちぎるため

するどい犬歯が発達しています。

 

 

 

草食動物の牛や馬は

顎が左右に自由に動き、

草をすりつぶして食べられるように

臼のような形をした「臼歯」が発達しています。

 

 

 

 

では、私たちヒトの口の中は

どうなっていますか?

 

 

ヒトは、

犬歯、

臼歯、

切歯

を兼ね揃えています。

つまり雑食動物です。

 

 

それぞれの歯の役割は異なります。

 

20本の臼歯で米、大豆の穀物をすりつぶす

8本の切歯で野菜、海草類をかみ切る

4本の犬歯で魚、肉をかみちぎる

 

20:8:4すなわち

 

穀物:野菜 海草類:魚 肉を

5:2:1の割合

 

 

それがヒトという「種の生理」と

調和した食べ方なのです。

 

 

「食性」に従って食べることで、

ヒトとして本来備わっている

最大限の力を発揮することができるのです。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080−6689−2156 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

■お鍋一つで完成!子どもの免疫力を上げるごはんレシピ

 

PAGETOP
Copyright © ゆるキッチン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.