ゆるキッチン! お料理が苦手なママの救世主 【重ね煮アカデミー®️豊島教室】

My Story[1]5人兄弟二番目長女として誕生

  • HOME »
  • My Story[1]5人兄弟二番目長女として誕生

私の生い立ち

これから赤裸々に語ってしまおう

My Story[1]

 

「バイク走行中、頭が出ていた!!」

私が生まれたのは、吾妻連峰がそびえる
自然豊かな土地。福島県福島市。
さくらんぼや桃、梨やぶどう、りんごなど

 

果物が豊富に採れることで有名で、
新緑が芽吹く春に
自営業で天ぷらやを営んでいた
祖母と父と母、そして3歳年上の兄の家族
私は二番目長女として生まれました。

 

まさにオイルショック時代
バリバリ昭和世代です^^;
予定日より早く生まれた私。

 

母の陣痛がきて、
父が運転するバイクの後ろに乗り
片道15分かかる産婦人科へ。

 

 

父も母もまだ20代前半、
若いってすごいなぁと
当時を振り返っていましたが、

 

 

産婦人科に着いた時は
もう、赤ん坊の頭が出ていたようです。

 

 

バイクよりタクシー呼べば
良いのにと突っ込みたくなりましたが
やはりそこは若さ
恐れをしらなかったらしい。

 

 

そんな中、健康に生まれたきたのは
すごいと思う。

 

 

ただ、私を妊娠中、
冬の雪道を自転車に乗り転んでしまい、
お腹を強くうって
その場所がちょうど私の
太もものところだったらしく

 

2歳になっても歩けなかったようです。
(頭ではなくて良かった^^;)

 

 

このままだと、車椅子生活になるのではなかと
心配されていましたが、年子の妹が
1歳になろうとした時、
同じころ歩き出したそうです。

 

 

そんなこんなで色々ありましたが
その後、三女の妹と次男の弟が生まれ
祖母、父と母、兄、私、妹、妹、弟
の8人家族。大家族となりました。

 

兄と私は、母親に甘えたい時期に
甘えられなかったいわゆる

 

「お兄ちゃんなんだから」
「お姉ちゃんなんだから」
と言われ、叱られるのも怖い

 

そして大人に褒められたい
という想いで幼少期を過ごした
記憶しかありません。

 

 

とはいえ、野放図なところもあって、
親や祖母が仕事でがいない時は、
ほぼ自由。

 

まわりが田んぼや畑だったので、
ザリガニ取りをしたり
トンボを捕まえて
トンボのお尻に糸を巻きつけて

 

ふわふわとしたトンボをみて
喜んでいたり
意外に活発な女の子でした。
※現在は虫は全て苦手です^^;

 

「母の交通事故」

私が、小学校2年生のとき
母が交通事故にあいました。
母が原付バイク
相手は、園バス。

 

園バスの信号無視による
交通事故でした。

 

 

母は園バスにぶつかり
飛ばされたようですが、
打撲だけで済んだ、なんと奇跡な出来事。

 

 

私の記憶では、腫れ上がった顔
包帯でぐるぐる巻きにされた腕と足。
全治3週間。痛々しい姿でした。

 

 

母は普段仕事で家にいることが
なかったので、母と一緒にいられる
時間がとても嬉しかった思い出が
強かったです。

 

My Story [2]へつづく。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080−6689−2156 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

■お鍋一つで完成!子どもの免疫力を上げるごはんレシピ

 

PAGETOP
Copyright © ゆるキッチン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.