ゆるキッチン! お料理が苦手なママの救世主 【重ね煮アカデミー®️豊島教室】

My Story [4]就職先はお寺さん

  • HOME »
  • My Story [4]就職先はお寺さん

私の生い立ち

これから赤裸々に語ってしまおう

はこちら↓↓↓

My Story[1]

My Story[2]

My Story [3]

【高校時代の私の夢】

もやもやが消えないまま

大学受験を迎え

大学に行く意味がいまいち理解できないまま

受験勉強をしていました。

 

 

両親は高卒で就職

自分の子どもたちは

大学に行かせたいという想いは

小学生のときから聞かされ

 

 

私自身も行かなくてはならない

のだとなんとなく思っていました。

 

 

そんな時

母が「依子ちゃんの夢ってなぁに?」

と聞かれ

 

 

私の答えは….

・声優(アニメや洋画の

吹き替えの声に憧れ)

 

・デザイナー

(洋服やインテリアに

興味があったから)

 

・歌手(ジャンル問わず、

歌は上手くはないが、

歌うのが好きだから)

 

・建築士(自分が設計した

家に住みたかったから)

 

 

それに対して母は、

すべて却下。

理由は、収入が安定しないから。

どうせ出来っこないと全否定。

 

何をやりたいのだかわからないまま

ただ、一つだけ想いが変わらないものは

「人のために、世の中のために何か

役に立てる人になりたい」

その想いは今でも変わらず、

想い続けています。

 

就職先はお寺さん

絶対、上京したい!!と

実家から出たかった私は、

大学は、東京の大学に行く

と決めていました。

 

働きながら大学に通わなければ

ならなかったので、

受験先は夜間の大学

 

なんとか合格し

晴れて東京の大学生になれたわけです。

ただ、そこで待ち受けたこととは

祖母が決めてきた私の就職先

 

 

「お寺」

 

花嫁修行を兼ねた就職先だったらしい

とのちのち聞かされる。

 

 

当の私はというと上京できる嬉しさに

なんとかなるだろうと

軽い気持ちでした。

 

そこで

待ち受けたこととは

 

規律正しい生活

 

5:30 起床:朝食の準備

7:00 お参り

8:00 自分たちの朝食

8:30 高僧の朝食を出す

9:30 掃除、洗濯

12:00 高僧の昼食

13:00 自分たちの昼食と休憩

私は、休憩の間に学校へ行くという

上京前は想像できなかった生活。

 

 

学校が唯一のストレス解消の場でした。

学校がお休みの日は、

もちろん仕事

お昼休憩後

夕食の準備。

 

18:30 高僧の夕食

21:00 片付け終了

22:00 就寝

 

あれれ

思っていた大学生活とは違う

と思いつつ。

 

人との温かさにも

触れることができ

頑張ることができました。

 

My Story [5]へつづく。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080−6689−2156 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

■お鍋一つで完成!子どもの免疫力を上げるごはんレシピ

 

PAGETOP
Copyright © ゆるキッチン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.