ゆるキッチン! お料理が苦手なママの救世主 【重ね煮アカデミー®️豊島教室】

4つの指針 ④「穀菜魚食(こくさいぎょしょく)」

  • HOME »
  • 4つの指針 ④「穀菜魚食(こくさいぎょしょく)」

いよいよ4つめとなりました。
「穀菜魚食」について。

名前の通りですね。

日本人が健康を保つためには
日常の食事(ケの食)として穀物、野菜、魚を食べること。


昔から食べてきたものを食べること。

どうしてここに肉が入らないのか
卵、乳製品が入らないのかのお話です。
長寿国といわれた日本の食文化は
山と海、里に囲まれた風土を生かした「穀菜魚食」。

長い年月をかけて
「穀菜魚食」の食文化に対応した内臓器官、消化酵素を
からだの中に築き上げてきました。

ところが戦後!

パン食が学校給食から普及。
「フライパン運動」が始まり、
肉、卵、油の摂取奨励活動。

 

途端に油、砂糖、小麦、乳製品の摂取が激増して
食生活が西洋化しました。

 

食生活の急激な変化に
合わせた内臓器官
消化酵素を獲得するには

最低500年が必要だといわれています。

 

 

ごくごく短い数十年という
期間での食生活の急激な変化は、
体がもつ「変化への対応能力」

の限界を超えてしまい
その結果、
アレルギー、生活習慣病、免疫疾患
などかつての日本にはなかった疾病までが
次々と現れています。

 

「肉を食べる」のは海が近くにない国の食文化。
実際に欧米人と日本人は腸の長さが違いますね。

 

「卵、乳製品を食べる」のは、
乾燥地域で小麦を育てている
国の食文化。日本人には乳糖を
分解できる酵素を持った人が少なく、
牛乳アレルギーの方が多いですね。

 

世界各国で自然環境や歴史によって
食文化は異なり、
食べてきたものを消化、
吸収できるような遺伝子が
身体の中に組み込まれているのです。

 

日本人が昔から食べてきたものを
食べることは私たちの体にやさしく

免疫力・自然治癒力を最大限に
発揮できることにつながります。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080−6689−2156 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

■お鍋一つで完成!子どもの免疫力を上げるごはんレシピ

 

PAGETOP
Copyright © ゆるキッチン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.